ピカラ光を家電量販店で申込むのは危ない!ヤマダ電機やケーズデンキのキャッシュバックに潜む罠とは?

ピカラ光とは「愛媛県」「香川県」「高知県」「徳島県」の四国4県に通信を提供している光回線です。四国電力グループのSTnetが提供している光ファイバーを使い、最大1Gbpsの通信速度を実現しています。

そんなピカラ光では申込時にもらえるキャッシュバックが高額なため、四国エリアにお住まいの方には人気です。特に、販売員と対面しながらピカラ光のキャッシュバックをもらえるヤマダ電機やケーズデンキだと安心感を得やすいです。

しかし、家電量販店からもらえるキャッシュバックに関しては損をしてしまう事がありますので、申込み窓口としておススメできません。

そこで今回は、ピカラ光を家電量販店で申込むと損をしてしまう「罠」やキャッシュバックをお得に受取る「窓口」についてご案内致しますので、ぜひ参考にどうぞ。

ピカラ光はキャッシュバックがお得だが、家電量販店で申込むのは損してしまう

ピカラ光を申込める窓口は多く存在し、ヤマダ電機やケーズデンキといった家電量販店やインターネット上から申込みが完了する代理店によって受け取れるキャッシュバックの金額が異なります。

またピカラ光の申込みで異なるのはキャッシュバックの金額だけでなく、キャッシュバックを適用するための条件やキャッシュバックの受け取り方法も大きく違います。

このように様々な点で異なるピカラ光の申込み窓口ですが、家電量販店で申込むのは損をしてしまう可能性が高いです。その理由について、次の項目から順に説明していきます。

 

ヤマダ電機でピカラ光に申込むとキャッシュバックはいくら貰える?

ヤマダ電機でピカラ光に申込むとキャッシュバックがいくら貰えるのかについて、同じヤマダ電機でも店舗によってキャンペーン内容が異なるため具体的に金額を出すことが出来ません。

そのため、ヤマダ電機でもらえるキャッシュバックの一例をご紹介致します。

ヤマダ電機で商品を購入すると、ヤマダ電機で使えるポイントと商品券が貰えるキャンペーンを行っていることがあります。これはピカラ光等の光回線契約でも同じで、キャッシュバックは現金ではなく商品券で1万円~3万円のラインで貰えることが多いです。

 

ケーズデンキでピカラ光に申込むとキャッシュバックはいくら貰える?

ケーズデンキでのピカラ光申し込みによるキャッシュバックについてもヤマダ電機と同じくキャッシュバック金額や方法が店舗によって異なります。

ケーズデンキでも、店舗によって多少違ってきますがヤマダ電機と同じくらいの金額のキャッシュバックを受け取れます。さらにケーズデンキでの還元方法も商品券であることが多いです。

 

キャッシュバックは金額だけではなく、受取り方も重要

ピカラ光を申込むことで受け取れるキャッシュバックは、つい金額に目が行きがちですがキャッシュバックの適用条件や受取り方がかなり重要です。

ヤマダ電機やケーズデンキといった家電量販店は、一見お得かのようなキャンペーンを実施しており、高額なキャッシュバックキャンペーンで還元している事があります。

しかし、ピカラ光のキャッシュバック金額だけを見てヤマダ電機やケーズデンキのキャッシュバックキャンペーンに飛びつくのはおすすめ出来ません。何故なら、一見高額なキャッシュバックでもそこにはいくつかの「罠」が仕掛けられているからです。

 

罠①有料オプションの加入

ヤマダ電機やケーズデンキからピカラ光の申込みを行うと、キャッシュバックの適用条件として有料オプションの加入を求められることがあります。有料オプションは、本来ユーザーが必要だと判断した場合にのみ加入することが望ましいです。

しかし、ピカラ光の申込みが出来るヤマダ電機やケーズデンキは実店舗を構えたピカラ光の代理店です。代理店間での競争も激しく、ピカラ光の契約数や有料オプションの加入数で他店と争っています。

そのため、高額なキャッシュバックで魅力的に見せ、条件として有料オプションの加入を提示するとヤマダ電機やケーズデンキとしてはピカラ光の契約数と有料オプション加入のどちらも一度に獲得できるという訳です。

ピカラ光のキャッシュバックを適用する時、窓口によっては有料オプションに加入する必要なく高額なキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

販売員と対面できる反面、販売員の押しが強く判断が難しくなりますし、条件として有料オプションの加入が課せられてしまう罠が仕掛けられてしまいますので、申込み窓口としておススメできません。

 

罠②申請方法

ピカラ光のキャッシュバックは、キャッシュバックキャンペーンの申請方法も大きなポイントです。インターネット上からピカラ光の申込みが出来る代理店では書類に必要事項を記入したり代理店のアンケートに答えたりする必要なくキャッシュバックの申請が出来る場合がほとんどです。

一部の代理店ではメールが届き記載されているURLにアクセスして必要事項を入力するという代理店も存在しますが、キャッシュバックを適用するにあたっての注意事項をあらかじめ確認することでそのリスクを回避することが出来ます。

ですがヤマダ電機やケーズデンキの場合、いざピカラ光を申込む運びとなりキャッシュバックを申請しようとすると、多くの書類やアンケートを提示されることがあります。契約書類には多くの文面が記載され、詳しく理解しないままに必要な書類を作成してしまう危険性があります。

さらにアンケートはヤマダ電機やケーズデンキといった代理店の評価に繋げるものであって、これからピカラ光を契約する方にとっては関係のないものです。こうしたリスクや面倒な申請方法もヤマダ電機・ケーズデンキでピカラ光を申込む時の罠です。

 

罠③現金ではなく商品券。しかも、いつ届くか分からない。

ヤマダ電機やケーズデンキでピカラ光のキャッシュバックを申請すると、現金でのキャッシュバックではなく商品券である可能性が高いです。それもヤマダ電機であればヤマダ電機でのみ有効な商品券、ケーズデンキであればケーズデンキでしか使えない商品券です。

確かに還元はされますが、使用できる幅があまりに狭く、たとえ高額なキャッシュバックだとしてもお得とは言えません。

加入する必要のない有料オプションに加入し面倒な書類作成やアンケート回答をして、やっとの思いでキャッシュバックを受け取れると思ったら還元方法が商品券となるとお得感が薄れます。

「ヤマダ電機・ケーズデンキによく行くから」とは言っても、キャッシュバックは現金の方が嬉しいです。

また、商品券をいつ貰えるのかについては不明であるケースが多いです。ヤマダ電機・ケーズデンキの店舗によっても異なりますが、ピカラ光の開通工事が終了してから6ヶ月後や8ヶ月後など、商品券を受け取れるまでの期間が長いことが多いです。

いつ届くのかもわからない商品券によるキャッシュバックはむしろ損をしてしまうこともあります。感覚としてはピカラ光の申込みや開通工事が終了してから数週間でキャッシュバックである商品券が貰えそうですが、その認識は裏切られることが多いです。

 

ピカラ光は代理店で申込むのがお得

ここまでを見ると、ヤマダ電機・ケーズデンキに代表される家電量販店でピカラ光の申込みをするよりもWebサイトから申込みを行った方がお得であることが分かります。

インターネット上にもピカラ光を申込める窓口は複数存在し、公式サイトから申込むよりもWebサイトをメインに運営を行っている代理店からピカラ光を申込んだ方がお得なキャッシュバックを貰えます。

中でもピカラ光のおすすめ代理店は「株式会社NEXT」です。株式会社NEXTはピカラ光の正規代理店で、数多く存在する代理店の中でも評判の良い代理店です。

株式会社NEXTが現在行っているキャンペーンは、ピカラ光を新規申し込みした方限定でピカラ光の開通で発生する標準工事範囲内の工事費を無料とするキャンペーンと、商品券ではなく現金で貰えるキャッシュバックキャンペーンです。

適用するためにはピカラ光のインターネット回線と光でんわに申込む必要がありますが、必要のない有料オプションに加入する必要はありません。さらにキャッシュバックは現金で25,000円が貰えます。

商品券だと使える範囲が指定されてしまいますが、現金であれば使い道の幅が広がります。さらにこのキャッシュバックは、ピカラ光開通月の2ヶ月後に受取ることが出来ます。

申請方法も簡単で、ピカラ光の申込時にキャッシュバックを振り込むための指定口座を申込みフォームや電話で伝えるだけです。また、口座情報はSMSを使った後日登録も受け付けているため安心かつ簡単です。

 >>ピカラ光新規申込で25,000円キャッシュバック!