どちらが最適?ピカラ光とauひかりを3つの観点から比較したぞ!

四国限定のピカラ光と全国展開のauひかりのどちらが良いかを徹底比較しています。今回は、以下の3つの観点から比較していきます。

  • 料金(月額料金や初期費用)
  • 通信速度
  • 利用者の評価

どの項目も重要なものばかりとなっており、どれか一つでも悪いところがあると満足度は下がってしまいます。どちらのネット回線に申込むべきかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

四国で使える二大ネット回線を比較(ピカラ光&auひかり)

「徳島県」「高知県」「愛媛県」「香川県」という四国エリアで使用できるインターネット回線は、光回線やADSL回線を含め各種存在しますが「地元限定のピカラ光」と「全国的な人気を誇るauひかり」で評価が分かれます。

ピカラ光は四国電力株式会社と株式会社STNetが業務提携をして運営している光回線で、四国エリアにのみサービスを提供しています。

最大通信速度は1Gbpsに対応しているため、速度を求められるオンラインゲームや動画コンテンツのダウンロードや視聴をするときにもストレスなくインターネットを利用することが出来ます。

auひかりもピカラ光と同様に光回線を提供しており、最大通信速度は上り下りどちらも1Gbpsに対応しています。auひかりはKDDI株式会社が運営しています。

一見すると同じサービスを提供しているように見えるピカラ光とauひかりを比較するとそれぞれの回線で良いところがあれば悪いところもあるので、ピカラ光とauひかりを比較した結果を参考にして下さい。

 

料金(月額料金・初期費用)の比較

まずは、ピカラ光とauひかりの月額料金や初期費用を比較していきます。初めに、全国的にサービスを提供しているauひかりの月額料金をご案内致します。

月額料金は戸建て住宅にお住まいの方向けの「ホームタイプ」かマンションやアパートといった集合住宅にお住まいの方向けの「マンションタイプ」かのどちらを適用するかによって異なります。月額料金が分かりやすいように、両者を同じ表でまとめています。

住宅タイプ 月額料金
1年目 2年目 3年目以降
ホームタイプ 5,100円 5,000円 4,900円
マンションタイプ 3,800円

※プロバイダに「au one net」を選択し、「口座振替・クレジットカード割引(100円/月)」を適用した時の料金を想定
※ホームタイプは最低利用期間が3年間の「ずっとギガ得プラン」適用を想定
※マンションタイプは最低利用期間が2年間の「お得プランA」適用を想定

表の月額料金の中には、「au one net」というプロバイダの利用料金も含まれています。もちろん「@nifty」や「AsahiNet」や「BIGLOBE」といったプロバイダを別途契約することも可能です。その際は各プロバイダに応じた利用料金が発生します。

ホームタイプの月額料金は利用年数とともに料金が下がり、3年目以降は4,900円で利用することが出来ます。一方マンションタイプでは、auひかりの開通月から月額3,800円で利用することが可能です。

工事費に関しては、ホームタイプの工事費を含む初期費用が37,500円、マンションタイプの工事費を含む初期費用が30,000円となっています。なお、登録料はどちらも3,000円発生します。

auひかりでは、auひかりのネット回線とauひかり電話サービスとauのスマホを使うことで「auスマートバリュー」という割引サービスを使うことが出来ます。auスマートバリューを使うと、auスマホの月額料金が2年間毎月最大2,000円割引されます。

最大の割引を適用するためには、auスマホの料金プランでデータ容量の大きいものを契約する必要がありますが、スマホ利用で一般的なデータ容量である5GBの利用でも2年間毎月1,410円割引され、3年目以降は永年934円割引されます。

続いてピカラ光の月額料金をご案内致します。ピカラ光の月額料金もホームタイプとマンションタイプで異なるため、以下の表にまとめます。

住宅タイプ 月額料金
ホームタイプ 1~2年目 3~5年目 6~8年目 9年目以降
4,600円 4,500円 4,400円 4,200円
マンションタイプ 1~5年目 6年目以降
3,400円 3,280円

※ホームタイプ・マンションタイプともに最低利用期間が3年間の「ずっトク割3年契約」適用時を想定

ピカラ光の月額料金にもプロバイダ利用料金が含まれています。auひかりと異なる点は、光回線オリジナルのプロバイダしか利用できないという点です。

そのため、現在ピカラ光ではないインターネット回線を使用していて別途プロバイダも契約している場合、そちらのプロバイダはピカラ光の利用にあたっては解約した方が良いです。

ピカラ光では、ホームタイプの場合月額料金が2年単位で100円ずつ料金が下がり、9年目以降は4,200円で利用することが可能です。さらに、ホームタイプの月額料金では最低利用期間が3年間の「ずっトク割3年契約」というプランを想定していますが、最低利用期間が5年間の「ずっトク割5年契約」というプランもあります。

こちらの場合、月額料金が表の金額よりも100円ずつ料金が下がり9年目以降は表に記載した金額と同額の4,200円となります。ピカラ光では、ホームタイプ・マンションタイプともに「カスペルスキー」というウイルス対策ソフトのライセンスが標準装備されています。

このウイルス対策ソフトでは、最大3台までのデバイスを登録することが可能です。そのため、ピカラ光を利用することでパソコンだけでなくスマホやタブレットもウイルスから守ることが出来ます。

また、ピカラ光のネット回線だけでなく「光でんわ」もセットで申し込むことで、無線ルーターのレンタル料金が無料になります。ピカラ光とauひかりの月額料金を比較すると、利用開始からピカラ光の方が安いことが分かります。

工事費ついては25,000円とされていますが、標準工事費はキャンペーンで無料となります。工事費についてもピカラ光とauひかりを比較するとピカラ光の方が安いことが分かります。

 

通信速度を比較

ピカラ光とauひかりの通信速度は、基本的に上り下り最大1Gbpsに対応しています。

しかしルーターやご自宅の通信環境によっては1Gbps未満の通信速度となることもあり、さらに通信のサービス方式はベストエフォート型であるため、お住まいの地域や時間帯によっても通信速度が変動します。

この点については、ピカラ光もauひかりも甲乙つけがたいです。auひかりでは新たに最大通信速度が5Gbpsのサービスや10Gbpsのサービスが登場しましたが、残念ながら四国エリアは提供エリア外であるため申し込むことが出来ません。

ピカラ光もauひかりも、通信速度で比較すると互角であると言えます。

 

利用者の評価

ピカラ光の評判やauひかりの評判を見てみると、どちらもユーザーからの評判が良いことが分かります。

auひかりは建物状況や提供エリアの制限があるため、auひかりを利用したくても申し込めない可能性があります。しかしながら、auひかりは申し込む窓口によっては50,000円のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンを実施しており、申込み時の負担が少ないことが特徴です。

auひかりの「auひかりスタートサポート」というキャンペーンでは、auひかりを申し込むために以前契約していた他社サービスを解約する場合、他社で発生する解約違約金相当額を最大30,000円まで還元してくれます。

この還元額は解約違約金をauひかりが負担するという趣旨のキャンペーンのため、必ずしも最大額の還元を受けられる訳ではありません。解約違約金が30,000に満たない場合は解約違約金と同額の還元となり、30,000円を超える場合はみ出した分の金額は自己負担となります。

またauひかりはユーザーサポートが丁寧なので、auひかりを安心して利用できる上に台風や自然災害等で停電した時などにも復旧作業が早いです。

ピカラ光に関しては、ピカラ光の申し込みをしてからインターネット回線の開通工事をするまでの期間が長いという弱点があります。

しかし、ピカラ光には長期利用者が多いことから、一度使えばピカラ光を解約する理由が見当たらなくなるほど使い勝手が良いと言えます。また、ピカラ光でもauひかりで利用できる「auスマートバリュー」という割引サービスを利用できるという点も魅力です。

 

まとめ

ここまでピカラ光とauひかりを比較してきましたが、四国に住む方はピカラ光の利用が良いでしょう。その理由は、以下の3つがあります。

  • 月額料金が安い(初期段階でピカラ光が安い)
  • auスマホを持っているとauスマホ料金が割引される
  • 初期工事費が無料になる(工事費無料キャンペーンが実施中)

特に、月額料金に関しては長期契約者向けの割引サービスが充実しているため、ピカラ光を長く使い続ける予定の方は申込むのが良いでしょう。また、auスマホを持っている方限定の割引サービスもあることから、auひかりと互角のサービスと言っても過言ではありません。

そして今なら、ピカラ光を申込むと25,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも実施中ですので、お得に申込んでみてくださいね。

 >>ピカラ光新規申込で25,000円キャッシュバック!